現在地

2004年就航のダイヤモンド・プリンセスは、三菱重工長崎造船所で建造された日本生まれの超大型客船です。船の70%以上の客室が海側に面しており、そのうち75%以上がバルコニー付きとなっています!

2014年4月からの日本周遊クルーズを始めるにあたり、日本人向けに大規模な改装が施されました。新たに洋上最大級の展望大浴場『泉の湯』や寿司レストラン『海(Kai)』が新設された他、ブッフェレストラン『ホライゾンコート』やショッピングエリアもリニューアルしました。また、全客室ハンドシャワー完備、ジュニア・スイート以上の客室は洗浄機能付きトイレとなり、日本人に嬉しい設備となっています。

★充実の日本語サービス…船内の主要施設では日本語スタッフが対応してくれます。また、船内放送や船内新聞も日本語です。言葉の心配はありません!!



▼『ダイヤモンド・プリンセス』シップデータ

全長:290m/全幅:37.5m/全高:62.5m/総トン数:115,875トン/航行速力:22ノット(41km/h)

乗客定員:2,706人/乗組員数:1,100人/船籍:英国

 

▶︎ダイヤモンド・プリンセス ダイニング

◇世界が認めた味わい豊かな食の旅を~自分好みにメニューをセレクト、美食の数々に至福のひととき。

【メイン・ダイニング】

一流シェフによる、繊細な味わいのメイン・ダイニングです。夕食(ディナー)は2回制の指定テーブルで同じウェイターがサービスを担当します。お客様のお好みを理解し、常により良いサービスを心がけています。夕食は、一品ずつのご注文でもフルコースでもお好みのもの(食べ放題)をお召し上がりいただけます。お腹のすき具に合わせてご注文ください。

▲朝食の和定食です。お粥もおいしいですよ!



▲アフタヌーン・ティーでは、薫り高い紅茶と焼き立てクッキーやスコーンを

 

【ホライゾンコート】

早朝から深夜まで、お好みの料理を気軽にお選びいただけるブッフェレストランです。ごはんとみそ汁はもちろん、人気の麺類カウンターもご用意しています。

【カジュアル・フード】

ハンバーガー(トライデント・グリル)、アイスクリーム(スワールズ)、ピザ(プレーゴ)などの軽食コーナーも充実していますよ!

【ルームサービス】

24時間対応。お電話一本でお届けします。無料の基本メニューの他、有料のメニューもあります。プライベートな空間でどうぞ。※チップが別途必要となります。

 

♡スペシャリティ・レストラン~ワンランク上の有料レストランです。
【サバティーニ】

こだわりの食材で本場イタリアの味と雰囲気をご堪能いただけます。豊富なワインのセレクションはもちろん、前菜からシーフード、肉料理、特製パスタ、ドルチェまで。人気が高いので、乗船時に予約を入れることをオススメします!(※カバーチャージ:29アメリカドル)

【スターリング・ステーキハウス】

選りすぐりの熟成肉をお選びいただき、シェフがお好みの焼き加減でご提供します。素材を生かしたシーフードも楽しめます。『肉』を食べたい!というときに最適ですよ!(※カバーチャージ:29アメリカドル)

【海(Kai)寿司】

本格的な寿司や各地の日本酒などの銘酒が好評の寿司レストランです。セットメニューもご用意しています。(※ご注文の料理によって料金が異なります)

【オーシャンビューしゃぶしゃぶ】

肉・野菜がおかわり自由のしゃぶしゃぶです。(※カバーチャージ:25アメリカドル)

※掲載の写真は全てイメージとなります

 

▶︎ダイヤモンド・プリンセス 船内施設

◇非日常の空間でリラックスとリフレッシュを~充実の船上ライフで思いのままにわがままに、優雅なひとときを。

【展望浴場・泉の湯】

洋上最大級の展望風呂です。オーシャンビューの「岩の湯」と「糸杉の湯」があり、毎日入れ替え制となっています。屋外には水着着用のオープンエア・ハイドロ・テラピー・プールもありますよ!

※有料予約制(90分・15アメリカドル)

 

【サンクチュアリ】

最上階デッキにある広々とした大人専用の屋外リラクゼーション・スペースです。緑に囲まれたソファベッドでゆったりとした安らぎの時間を過ごせます。

※有料(半日・20アメリカドル)

【ロータス・スパ】

フェイシャルや全身マッサージをはじめ、アロマストーンセラピーなど、最先端のメニューで癒しの時間を。美容室も併設しています。

※施術は有料

【プール&ジャグジー】

開放的な屋外プールと開閉式屋根の屋内プールなど船内には4つのプールがあります。スイミングだけでなく、デッキチェアで日光浴、ジャグジーでドリンクなど楽しみ方はいろいろです。同じデッキには、アイスクリームコーナーやハンバーガーコーナー、ピザコーナーがありますよ!

【フィットネス・センター】

最先端のエクササイズマシンの他、ピラティスやヨガなどの事前予約制のスタジオプログラムを開催しています。



【各種スポーツ施設】

大海原をバックにミニゴルフや卓球、ダンスなど多大なスポーツをお楽しみいただけます。

※一部の教室は有料

【ユース&ティーンセンター】

3~17歳のお子様向けにダンス、ビデオゲーム、ケーキデコレーション体験などの船内プログラムも充実しています。

※一部有料

 

【メディカル・センター(医務室)】

日本語対応の医療スタッフが常勤しています。診察・診療は有料です。万が一のために、海外旅行保険のご加入をおすすめします。

 

♡特別なナイト・ライフを楽しめるスペースは

【ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ】

28㎡のLED大型スクリーンと、69,000ワットのステレオシステムで大迫力の映画鑑賞はいかがですか?快適なラウンジチェア、ブランケット、無料のポップコーンのサービスがありますよ!

 

【カジノ】

外国船でしか体験できないのもクルーズの楽しみです。ぜひ一度お試しください。

【ショッピング】

船内はすべて免税となっています。コーチやバーバリーなどのブランド品から、お土産や日用雑貨まで、バラエティー豊かなお買い物を楽しめます。

【バー&ラウンジ】

船内には14か所のバーがあります。シガーラウンジをはじめ、バンド生演奏やスポーツ観戦を楽しめるバーがあります。ダンスもできるラウンジでは、様々なパーティーを開催しています。

※掲載の写真は全てイメージです。

 

▶︎ダイヤモンド・プリンセス アクティビティー

◇興奮と感動、プリンセス・クルーズならではのエンターテインメント~娯楽だけではない、新しい趣味や知識と出合う極上のひととき

【ショー&エンターテインメント】

本格的なラスベガススタイルのダンスショーやコンサート、マジックショーなど、毎晩日替わりで楽しむことができます。

【ウェルカム・パーティー】

キャプテン主催のウェルカム・パーティーでは、とびきりのお洒落をしてご参加ください。グラスタワーが華やかなパーティーをさらに盛り上げます。記念撮影もどうぞ。

    

【アクティビティー】

いろいろなカルチャー教室をはじめ、社交ダンスやフラダンスのレッスン、ウクレレ教室、さらには寄港地のまつわる文化・歴史などを学べる教養講座など、多彩なプログラムで船内ステイを楽しむことができます。

    

※掲載の写真は全てイメージです。

 

▶︎ダイヤモンド・プリンセス 客室

◇贅沢なホテルのくつろぎ空間を~内側からスイートまで、バリエーション豊かに取り揃えています。

●全ての客室には

 電話、冷蔵庫、テレビ、ハンドシャワー、洗面台、トイレ、ヘアドライヤー、リンスインシャンプー、ボディーローション、石けん、プリンセストートバッグ(1部屋に1つ)、タオル、クローゼット、日本発着クルーズではスリッパ、湯沸かしポット(※バスローブ、シャワーキャップは、客室係にお申し付けください。)

が備え付けられています。

  

●グランド・スイートを除いて、ツインベッドまたはダブルベッドをお選びいただけます。

●客室のテレビでは船内の様々な情報、寄港地観光ツアーや寄港地のご案内を放送しています。衛星放送を通じてNHKワールドやニュース、オンデマンドでの映画など、日本語プログラムもお楽しみいただけます。

【内側】約16㎡~17㎡



【海側(窓付き)】約17㎡~19㎡



【海側バルコニー】約22㎡~29㎡



  

●ジュニア・スイート以上の客室には

 バスタブ、洗浄機能付きトイレ、テレビ2台、ヨーロッパ製の柔らかな羽毛布団&エジプト綿のベッドリネン

が備え付けられています。

【ジュニア・スイート】約33㎡



♡ジュニア・スイートでは乗船時のウェルカム・グラス・スパークリングワイン(客室係にお申し出ください)の特典があります。

 

【スイート】約49㎡~124㎡



♡スイートでは、以下の様々な特典があります。

優先乗船、乗船日のスペシャリティ・レストランでのディナーのカバーチャージ無料(6泊以上のクルーズ)、ロータス・スパの「サーマル・スイート」への入場無料、ミニバーで予め用意してあるアルコール類・ソフトドリンク類は無料(1回限り)、サバティーニでの「スイート・ブレックファスト」、ゲストサービス・デスクでの専用優先ライン、乗船時のウェルカム・グラス・スパークリングワイン、生花のフラワーアレンジメント、無料ランドリー/クリーニングサービス、専用のエントリーラウンジでのオードブルサービス、クラブクラス特典など

※掲載の写真は全てイメージです。実際の客室の写真と異なる場合があります。

 

▶︎▶︎▶︎デッキプラン(船内平面図はこちらから)

   ※プリンセス・クルーズ公式ホームページへのリンクとなります。